金原会長テコンドー資金不正流用や不祥事パワハラの可能性は?

スポンサーリンク

こんにちは、ちゃが丸です。

テコンドー協会が荒れております。

なんで、そんなにもめてんだ??

内部に問題はなかったのか??

気になるところです。

、、、しかも、理事会や選手ともめているのはヤクザのような

テコンドー協会の金原昇(会長)ってどんな人?

日本テコンドー協会の現会長で日本人。

東京五輪などのオリンピック候補選手など多数のトップ選手と強化方針を巡って対立が続いていることで注目を集めている方です。

強化合宿参加に参加する選手に対して100万円近い参加費を要求しているようで、それに対して沢山の選手たちが合宿への不参加を申し立てているという状況です。

また、他にもかなり強いトップダウンの金原流組織運営があるようで、それに対して現理事たちが辞職を表明する事態に発展しているのだそう。

この問題に関して10/28には臨時理事会で理事の総辞職を提案しました。

テコンドー協会の会長なのですが、テコンドー自体の経験はあまりないようで、どちらかというと柔道が上手なようです。

、、、そして、皆さんが気になっている髪型ですが、「カツラではない」と公言されているそうです。

、、、みんな、ニュースの内容よりも先に髪型が気になって仕方ないんですね、、、。

で、本題に戻りますと、そもそも、なんでそんなにたくさんのお金を選手が払う必要があるのか?というところです。

それについて、資金運用やパワハラがなかったのかを調べてみました。

これまでに報告されている不祥事

協会資金の不正流用

オリンピック日本代表になるようなを育てるなどを

テコンドー協会は協会資金として日本オリンピック委員会(JOC)から選手養育費や選任コーチの補助金を支給されています。

2007~2010年の間にJOCから受け取った選手育成費用4300万円のうち、約2800万円を本来受取人である選任コーチ4人から協会会長が取り上げていたという不正流用事件が報告されています。

 

 

パワハラの可能性は?

 

まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました