次の総理大臣選挙2020いつ?候補ランキングTOP3人は石破、小泉、安倍!

政治家
スポンサーリンク

こんにちは、ちゃが丸です!

安倍政権の支持率が下がり出し、「ポスト安倍」で世間がざわつき始めていますね、、、。

水面下で派閥や調整が行われている匂いがプンプンしてます。

そこで今日は

  • 次の総理大臣の選挙2020はいつ?
  • 次の総理大臣の候補ランキングトップ3人
  • 次の総理大臣の「選挙2020がいつ?」と候補ランキングトップ3人のまとめ

という項目でご紹介していきたいと思います!

次の総理大臣の選挙2020はいつ?

総理大臣が変わるタイミングは「安倍総理による衆議院解散」「自民党の総裁選挙」「任期満了」の3つ

安倍総理の任期は2021年9月までなので、最も長くて次の総理大臣を選ぶ選挙が行われるのは2021の9月。

そして自民党総裁選挙が行われる条件は「党首の任期満了前に、党所属の国会議員および都道府県支部連合会代表各一名の総数の過半数の要求があった時」に行われるそうです。

つまり、簡単に言えば、安倍首相の任期満了前(1年くらい前から)自民党の議員の過半数が党首交代を望めば総裁選が行われる可能性があるということですね。

これは2021年のはじめから9月の間に起こる可能性がありますね。

2019年~2020年の間には「安倍総理の判断による衆議院解散」が行われる可能性がありますが、2020年は東京オリンピックやパラリンピック(7月24日~9月6日)、東京都知事選(8月9日)があるため、この時期は避けられると考えられます。

つまり、2020年の衆議院解散が起こるとすれば1月~7月もしくは10月以降の可能性が高いと言えるのです。

 

、、、まとめると、次の総理大臣を選ぶ選挙が行われる時期の候補は以下の3つ。

  • 2020年1月~7月
  • 2020年9月末~2020年12月
  • 2020年1月~9月
スポンサーリンク

次の総理大臣の候補ランキングトップ3人

次の総理大臣の候補ランキングトップ3は石破茂、小泉進次郎、安倍晋三のようです。

 

文春オンラインによる世論調査では、位が石破茂、2位が小泉進次郎、3位が安倍晋三でした。

期首相になってほしいと思う人について、文春オンラインが調査を実施した。

2018年の総裁選で安倍首相に敗れた石破茂氏が192票を獲得して1位に、2位には177票と僅差で小泉進次郎氏、3位は126票で安倍首相が続いた。

 

また、日本経済新聞の世論調査では1位が小泉進次郎さん、2位が石破茂さん、3位が安倍晋三さんという世論調査になっています。

日本経済新聞社の世論調査で、次の政権の首相にふさわしいのは誰かを聞いたところ、小泉進次郎環境相が20%と最多だった。9月の内閣改造直後に実施した緊急世論調査と順位もポイントも変わらなかった。2位は石破茂氏の18%、3位は安倍晋三首相(自民党総裁)の16%だった。過去5回の同様の調査からトップ3の顔ぶれは変わらなかった。

 

小泉進次郎さんと安倍晋三さんはアンケートを取る時期や対象者によって、順位が前後していますが、石破茂さんがトップ(1位もしくは2位)に近いという傾向があると言えます

 

しかし、元首相である麻生太郎さんは石破茂さんが自民党を離党した歴史に触れ、「選ばれるわけがない」ともコメントしています。

スポンサーリンク

また、ネット上でも様々な意見が飛び交っており、

  • メディアは民意をくみ取れていない(情報がおくれている)
  • 民意と政治家間の事情は違うので、民意を反映されるとは限らない
  • 実際は安倍晋三一強じゃないか (菅官房長官が減速したから)

などなど、様々な意見や見解が見られます。

 

次の総理大臣の「選挙2020がいつ?」と候補ランキングトップ3人のまとめ

いかがでしたか?

今日は次の総理大臣の選挙2020が行われる時期と候補者について

次の総理大臣を選ぶ選挙が行われる時期の候補は以下の3つ。

  • 2020年1月~7月
  • 2020年9月末~2020年12月
  • 2020年1月~9月

次の総理大臣の候補ランキングトップ3は石破茂、小泉進次郎、安倍晋三だが、石橋に対して「不向きである」という声も多々見られる。

などなどご紹介してきました!

それぞれの立場で皆さん発言しているので、全体が見えない状態ですね。

それくらい、緊張感が高まってきているともいえます。

次の総理大臣の選挙時期も近いかも?

目が離せないですね!

石破佳子(石破茂夫人)出身高校や大学どこ?子供の学歴も凄い!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました