中村哲医師の名言まとめ!活動への家族や海外の反応は?【アフガン画像】

未分類
スポンサーリンク

こんにちは、ちゃが丸です。

国際的なNGOである「ペシャワール会」代表である中村哲医師は医師でありながら砂漠の緑化など幅広い活動をとおして、人命を救う活動に長年携わってこられました。

その中村哲医師がアフガンで銃撃を受けて亡くなられたというニュースは今でも信じられません。

今日は、中村哲医師について

  • 中村哲医師の名言
  • 中村哲医師のアフガンでの活動に対する家族の気持ち
  • 中村哲医師のアフガンでの活動に対する海外の反応は?【アフガン画像】
  • 中村哲医師の名言と活動まとめ

という項目で中村哲医師のこれまでの歩みを調べて行きたいと思います。

中村哲医師の名言【アフガン画像】

中村哲医師は素晴らしい言葉を沢山残してくださっていますね。

「誰もそこへ行かぬから。我々がゆく。誰もしないから我々がする」

中村哲医師は医療従事者としてアフガニスタンへ到着後、医療以前に食べ物や飲み物そのものが足りていない現実にぶつかったと言います。

そこで着手したのが井戸の建設だったそうです。

医師であるから医療しかしないのではなく、必要とされている活動のためならば垣根を超えて自ら突き進んでいく方なのだということが分かります。

この言葉をまさに表しているアフガンの画像がこちら。

左は中村哲医師たちの活動前、右が活動によって緑化され発展したアフガンの土地です。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

「鍬も握っていない外国人が農業支援を行うことはできません」

中村哲医師が医療従事者である枠組みを超えて、現地で「白衣を脱いで泥まみれになって井戸を掘った」という話は有名ですね。

多くの国が「支援」といいながら、実際には寄付金を渡すところまでで留まっているのが現状です。

また、自国の技術者とテクノロジーだけを現地に持ち込んで施設だけを建設するケースも多いようです。

そうすると、多額の寄付金は現地の有力者の手に留まり、実際に必要としている人たちの元まで届かなかったり、現地の住民に使いやすい構造にならなかったりと色々は二次問題を生み出す可能性も秘めているそうです。

つまり、現地のニーズに合わないお金の使い方で不要な構造物をつくってしまう危険性があるそうです。

アフリカなどでも同じような問題が生じているとのこと。

中村哲医師はそのことが身に染みて分かっている方だったのでしょう。

「鍬を握る」という表現には一歩一歩、地道でも現地の人たちと目線を同じにして支援を考えて行こうとする姿勢が見えてきますね。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

「戦争協力が国際的貢献とは言語道断である」

イラク戦争が勃発した時、日本はアメリカに軍事費として支援を行いました。

日本は戦争に参加したわけではないけれど、アメリカとイギリスから攻撃を受けたアフガニスタンの人たちは、日本も同じ敵のように感じたそうです。

現地の人たちと同じ目線で考える中村哲医師には日本の歩み方は軍事協力を「国際協力という言葉で覆い隠しただけの戦争参加」とイコールに感じていたのかもしれませんね。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

9条がリアルで大きな力だったという現実。

中村哲医師は「憲法9条が僕たちを守ってくれている」と仰っていました。

 

ネットでは「銃撃されたじゃないか」「やっぱり守ってくれてないじゃないか」、、、などなど、

「中村哲医師が銃撃を受けた=憲法9条は無力」というような声も多く上がっています。

 

しかし、筆者は今回の中村哲医師が銃撃を受けられたことよりも、中村哲医師が現地で感じてこられたアフガニスタンの人たちの親日感情の由来にこそ、目を向けた方が良いのではないかと思っています

 

中村哲医師の名言として、「憤りと悲しみを友好と平和への意志に変え、今後も力を尽くすこと誓う」

伊藤和也さん(ペシャワール会スタッフ)が2008年に殺害された時の追悼の言葉です。

今回、中村哲医師ご本人だったら、、、、恐怖や怒りではなく、私たちに同じ内容の追悼を願うのではないかと思います。

中村哲医師のインタビューの一部抜粋を貼っておきます。

憲法9条とは?簡単な解釈と改正案内容をわかりやすく比較!

昨年、アフガニスタンの外務大臣が日本を訪問しましたね。そのとき、彼が平和憲法に触れた発言をしていました。アフガンの人たちみんなが、平和憲法やとりわけ9条について知っているわけではありません。でも、外相は「日本にはそういう憲法がある。だから、アフガニスタンとしては、日本に軍事活動を期待しているわけではない。日本は民生分野で平和的な活動を通じて、我々のために素晴らしい活動をしてくれると信じている」というようなことを語っていたんですね。

僕は憲法9条なんて、特に意識したことはなかった。でもね、向こうに行って、9条がバックボーンとして僕らの活動を支えていてくれる、これが我々を守ってきてくれたんだな、という実感がありますよ。体で感じた想いですよ。
武器など絶対に使用しないで、平和を具現化する。それが具体的な形として存在しているのが日本という国の平和憲法、9条ですよ。それを、現地の人たちも分かってくれているんです。だから、政府側も反政府側も、タリバンだって我々には手を出さない。むしろ、守ってくれているんです。9条があるから、海外ではこれまで絶対に銃を撃たなかった日本。それが、ほんとうの日本の強味なんですよ。

日本は、軍事力を用いない分野での貢献や援助を果たすべきなんです。現地で活動していると、力の虚しさ、というのがほんとうに身に沁みます。銃で押さえ込めば、銃で反撃されます。当たり前のことです。でも、ようやく流れ始めた用水路を、誰が破壊しますか。緑色に復活した農地に、誰が爆弾を撃ち込みたいと思いますか。それを造ったのが日本人だと分かれば、少し失われた親日感情はすぐに戻ってきます。それが、ほんとうの外交じゃないかと、僕は確信している

スポンサーリンク

中村哲医師のアフガンでの活動に対する家族の気持ち

中村哲医師にはご子息が5人いらっしゃるそうです。

銃撃戦が繰り広げたられる戦場に飛び込む中村哲医師の事を奥様とご子息はどのように感じておられるのでしょうか?

奥様は中村尚子さん66才

奥様はやはり家にずっといて欲しかったそうです。

今回のような事件が起こるのではないかと気が気ではなかったようで、事件が起こらないことを祈り続けておられたということです

しかし、中村哲医師の志を考えると引き留めることはできなかったのでしょう。

 

福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表、中村哲医師の訃報を受け、妻の尚子さん(66)は、福岡県大牟田市の自宅で取材に応じ「悲しいばかりですよ。残念です。きょうみたいな日がこないことだけを祈っていた」と涙を拭いながら語った。

「場所が場所だけにあり得ると思っていた。家にずっといてほしかったけど、本人が(活動に)懸けていたので……」とも述べた。

中村氏が11月下旬まで2週間ほど帰省していたことを振り返り「家では厳しくなかった。いつもさらっと出て行ってさらっと帰ってくる人だった」としのんだ。

中村哲医師のアフガンでの活動に対する海外の反応は?【アフガン画像】

中村哲医師の悲報を受けて、ネットでは悲しみの声が沢山上がっています。

まず、自爆テロの実行犯として最初に頭に浮かんでくる「タリバン」ですが「自分たちの犯行ではない」と関与を否定する声明をだしました。

タリバンが出した声明は以下。

「今回、ジャララバードで起きた事件について関与を否定する。日本のNGOはわれわれの土地でこれまで復興支援に取り組んできており、攻撃の対象にしたことは一切ない

現時点で誰がやったのかについての犯行声明は出ていない状態です。

中村哲医師の名言と活動まとめ

中村哲医師の名言

  • 「誰もそこへ行かぬから。我々がゆく。誰もしないから我々がする」
  • 「戦争協力が国際的貢献とは言語道断である」
  • 「戦争協力が国際的貢献とは言語道断である」
  • 「9条がリアルで大きな力だったという現実」
  • 「憤りと悲しみを友好と平和への意志に変え、今後も力を尽くすこと誓う」

中村哲医師の家族の気持ち

奥様は家にいて欲しかったが中村哲医師の志を考えると引き留めることはできなかった。

今回のような事件が起こるのではないかと気が気ではなかったようで、事件が起こらないことを祈り続けておられた。

海外の反応

タリバンが事件への関与を否定し、「日本のNGOはわれわれの土地でこれまで復興支援に取り組んできており、攻撃の対象にしたことは一切ない」と中村哲医師らの活動を受け入れていたことに言及している。

 

などなど、ご紹介してきました。

中村哲医師の貢献は計り知れないものがあり、ペシャワール会では中村哲医師の思いを今後も受け継いでいくということです。

ご冥福をお祈りします。

憲法9条とは?簡単な解釈と改正案内容をわかりやすく比較!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました