宮川花子の奈良入院病院はどこ?再発や病気余命は大丈夫?

未分類
スポンサーリンク

宮川花子さんが多発性骨髄腫を患っていらっしゃることを発表されました。

宮川花子さんはこれまで胃がんなども経験されており、色々と心配です。

そこで今日は多発性骨髄種を患った宮川花子さんについて

  • 宮川花子の奈良の入院病院はどこ?
  • 宮川花子のガン再発や病気余命は大丈夫?
  • 宮川花子まとめ

という項目でご紹介していきたいと思います!

宮川花子の奈良の入院病院はどこ?

宮川花子さんが12月11日に大阪で記者会見を行いました。

花子は今年に入って体調が思わしくなく、6月25日に体調不良を訴えて、救急搬送。大阪・なんばグランド花月(NGK)の舞台を休演した。直後の6月29日に放送されたレギュラーのNHK「バラエティー生活笑百科」には車椅子で出演していた。
大阪、奈良の病院で入念な検査を受け、結果、多発性骨髄腫を患っていることが分かった。

宮川花子さんは現在、奈良県内の病院で入院して、治療の続きを行っているとか。

宮川花子さんは奈良の入院病院とはどこの病院なのでしょうか?

奈良県内で「多発性骨髄腫」の治療を専門的に行っている病院を調べてみました。

その結果は以下の4つが多発性骨髄腫に対して専門的に治療を行っているということが分かりました。

  • 奈良県総合医療センター
  • 近畿大学医学部奈良病院
  • 天理よろづ病院
  • 奈良県立医科大学付属病院

このうちのどこの病院が宮川花子さんの入院されている病院かは分かりませんが、このうちのどれかである可能性が高いと思われます

何とか頑張って貰いたいですね。

スポンサーリンク

宮川花子のガン再発や病気余命は大丈夫?

宮川花子さんはこれまでに胃がんも患ってこられた過去がありますね。

今回の多発性骨髄腫という血液のガンだそうですが、再発や病気の余命に関して心配になります。

そこで、多発性骨髄腫の再発について調べてみました。

多発性骨髄腫は完全に治すことが難しいと言われる病気のようです。

多発性骨髄腫の第一人者の一人である東京女子医科大学 血液内科の萩原漿太郎先生によると、「基本的には一生付き合っていかなければならない病気」だそうです。

つまり、多発性骨髄腫は常に再発の危険性がある病気であるということが出来ます。

もちろん、治療をうまく行うことで10年以上も再発しないケースや、20年以上も再発しない患者さまもいらっしゃるという報告もあるとか。

現在の多発性骨髄腫の治療後に患者さま余命平均は5年だそうです。

この余命に関しても年齢の影響を強く受け、高齢になるほど予後が悪くなる(余命が短くなる)そうです。

宮川花子まとめ

いかがでしたか?

今日は多発性骨髄腫を発表された宮川花子さんについて

多発性骨髄腫に対して専門的に治療を行っている奈良県の病院

  • 奈良県総合医療センター
  • 近畿大学医学部奈良病院
  • 天理よろづ病院
  • 奈良県立医科大学付属病院

宮川花子さんの入院されている病院かは分からないが、上記の4つのどれかである可能性が高いと思われる

 

【多発性骨髄腫という病気のの再発と余命について】

  1. 多発性骨髄腫は常に再発の危険性がある病気である
  2. 現在の多発性骨髄腫の治療後に患者さま余命平均は5年
  3. 高齢になるほど予後が悪くなる(余命が短くなる)

などなどご紹介してきました。

一時はかなりひどかったようですが、現在は回復してリハビリも進められているとか。

無理をされず、何とか良くなってくれることを祈ります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました