殿介(柴犬)の過去と子猫を保護する理由に涙!可愛い画像を調査!

未分類
スポンサーリンク

こんにちは、ちゃが丸です!

今日は、とっても心温まる柴犬のご紹介です!

「殿介」という名前の柴犬が朝・夕の散歩で次々の捨てられた子猫を見つけて保護に貢献しているとか。

なんだか既に心が温まりますね。。。

という訳で今日は、殿介(柴犬)について

  • 殿介(柴犬)の過去と子猫を保護する理由
  • 殿介(柴犬)の可愛い画像を調査!
  • 殿介(柴犬)まとめ

という項目でご紹介していきたいと思います!

殿介(柴犬)の過去と子猫を保護する理由

柴犬が子猫を次々発見するというのは、どうやら偶然に発見しているわけではなさそうなのです。

飼い主さんによると殿介(柴犬)がペットとしてお家に来てから約5年のうちに、合計17匹もの子猫を保護しているというお話。

、、、、これには何か理由があると考えられます。

殿介(柴犬)の過去について調べてみると、どうやら殿介(柴犬)は過去に、保健所に引き取られていたことがあるようです。

理由はわかりませんが、保健所が最初の飼い主から殿介(柴犬)を引き取ったとか。

保健所に入れられた犬や猫は期限までに飼い主が見つからなければ処分される運命です。

殿介(柴犬)がとてもおとなしいので、保健所の人たちも見るに見かねたのか、引き取り手を探してもらえるように保護団体にお願いしたそうです。

その甲斐あって、殿介(柴犬)は由美さんご夫妻が里親として見つかったり、保健所から引き渡されました

殿介(柴犬)を引き取った由美さん夫妻によると、ひきとった当初の殿介(柴犬)は尻尾を振ることもしなかったそうです。

その後、由美さん夫妻の温かさに触れて、殿介(柴犬)は徐々に明るさを取り戻していったとか。

「だけど、うちにきてしばらくは、笑顔も見せず、尻尾も振らなかった。半年過ぎてようやく笑顔になりました。今では笑いっぱなし。寝てても笑ってます」

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

今では保護した子猫は動物病院で洗って貰ったっリ病気の検査などを済ませ、殿介(柴犬)がお世話し、その後保護猫カフェ「鎌倉ねこの間」で里親を探して貰うそうです。

殿介(柴犬)が子猫を次々と保護する明確な理由はわかりません。

しかし、しかしたら過去の飼い主さんとの関係や保健所で過ごした日々を通して、悲しさや寂しさを体験し、過去の自分のような弱い者に対するアンテナが敏感になったのかもしれませんね。

保護した子猫をお世話する殿介(柴犬)はとっても幸せそうだということですよ!

スポンサーリンク

殿介(柴犬)の可愛い画像を調査!

殿介(柴犬)の可愛い画像は下記のサイトで見ることができます!

  • 「フェリシモ猫部」(https://www.nekobu.com/blog/2019/07/post-2153.html)
  • 朝日新聞WEB連載sippoの「散歩中の柴犬が次々と子猫を発見」(https://sippo.asahi.com/article/12085443)

殿介(柴犬)が保護した子猫の可愛い画像も満載です!!

記事を書かれているのは佐竹茉莉子さん、フリーランスのライターをされている方で町で出会った猫たちを撮影し、優しいタッチでエピソードを綴っておられます。

出版された猫の写真集には

  • 「しあわせになった猫 しあわせをくれた猫」
  • 「寄りそう猫」
  • 「ふつうの猫たちが語る22nの愛情物語」

などなど。

ご興味がある方は是非是非、チェックしてみてくださいね!

殿介(柴犬)まとめ

いかがでしたか?

今日は次々と子猫を保護している柴犬「殿介」について

どうやら殿介(柴犬)は過去に、保健所に引き取られていたことがある

保健所が最初の飼い主から殿介(柴犬)を引き取った

しかしたら過去の飼い主さんとの関係や保健所で過ごした日々を通して、悲しさや寂しさを体験し、過去の自分のような弱い者に対するアンテナが敏感になったのかもしれない

 

殿介(柴犬)の可愛い画像は下記のサイトで見ることができます!

  • 「フェリシモ猫部」(https://www.nekobu.com/blog/2019/07/post-2153.html)
  • 朝日新聞WEB連載sippoの「散歩中の柴犬が次々と子猫を発見」(https://sippo.asahi.com/article/12085443)

などなどご紹介してきました!

見ている人の気持ちをホッコリさせてくれる動物たちの愛情表現、素敵ですね。

殿介の今後の益々の活躍を見守りたいと思います!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました